SIMをオンラインで購入する場合について - SIMとはその役割のついて

SIMをオンラインで購入する場合について

SIMカードは、スマートフォンや携帯電話などを活用する際に欠かせません。
各カードごとに個別の識別IDが振られており、これを装着することで、各通信会社が提供するサービスが利用できます。

いわば、スマートフォンなどを使うための証明書のような役割を果たします。

SIMカードには、標準やmicro、nanoの3つの種類があり、それぞれの端末に適合したタイプを選択しなければなりません。



少し古い機種であれば大きめのサイズの標準やmicroが使われますが、比較的新しい端末ですと、nanoが用いられます。
大手キャリアなどの窓口で契約する場合であれば、店頭スタッフが機種に合ったSIMカードを装着します。

それに対し、オンラインでの申し込みが一般的な格安スマホを使う場合や、大手キャリアでもオンライン上でカードを購入する場合、自分で選択しなければなりません。



そこで、サイズが機種にマッチしているかどうかを事前に確認した上で、購入に踏み切らなくてはなりません。万一、サイズが合わずに変更が必要になった場合、新たに手数料が発生するため注意が必要です。


自力でSIMカードを装着するためには、各端末に付属している専用のピンを用います。


ピンを紛失してしまった場合には、安全ピンやクリップを引き伸ばしたもので代用することができます。
端末本体の側面の部分にカードをセットする場所があり、そこに小さな穴があいています。



ここに専用ピンなどを押し込み、専用のトレーを取り出します。
もし以前使っていたカードが装着されている場合には、爪をうまく使いながら取り出しましょう。

そして、新しく購入したSIMカードをトレーに装着し、端末に差し込みます。
装着の手順は非常に簡単なのですが、nanoタイプの小さなカードの場合、装着に苦労する場合もあります。視力に難のある方や、細かい作業が苦手という方は、誰かに作業を任せることも視野に入れましょう。