Skip to content

レーザー脱毛の種類とその効果とは

レーザー脱毛とは、医療用レーザーを用いて皮膚の中にある毛根細胞にダメージを与えることで体毛を無くす方法です。

これはレーザーが波長によって特定の色や物質に作用する性質を持っており、脱毛の場合には毛根に付近に照射されることで、周辺に熱が発生してダメージを与えるというものです。多少の痛みが発生しますが、毛抜きで脱毛するのに比べて痛みは小さく、かつ一定の範囲を一度に脱毛できるのがレーザー脱毛の特徴です。一方で単にレーザー脱毛といっても、レーザーの種類によってその効果が異なります。

日本で使われているものとしては、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ロングパルスヤグレーザー、ライトシェア・デュエットなどが使われています。ダイオードレーザーの特徴としては照射範囲が広く短時間で脱毛することができます。アレキサンドライトレーザーは冷却風や冷却ガスを吹き付け、皮膚を冷却しながら行うため皮膚を保護するためのジェルを塗る必要がなくジェルに対してアレルギーがある人でも脱毛を行うことができます。

またロングパルスヤグレーザーは、波長が長いレーザーを使うことでより皮膚の深くまで届くため男性の濃いヒゲや色黒の人、また陰毛を脱毛するさいに効果的とされます。ライトシェア・デュエットでは、吸引によって皮膚を伸ばし、そこにレーザーを照射するものです。皮膚を伸ばすことで弱い出力でも効果を得られるため、痛みがほとんどありません。いずれにしてもレーザー脱毛ではわずかながら痛みが伴いますが、毛根細胞へ確実にダメージを与えることができるため複数回受けることで永久脱毛にすることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *